【経営者としてやるべきこと】

【経営者としてやるべきこと】

・まず自分自身の健康と家族の健康
・それと同じくらいに社員の安心安全安定の確保
・次はお客様への安心安全のお手伝い
・そして地域の皆様への安心安全のお手伝い

インサイドアウトの本質がこの時だからこそ経営者の選択と行動に現れます。

今しなければならない事に安全が最優先だと考えています。

 

◎マスク

輸出に携わっているので、信用できる貿易業の中国人社長から安定してマスクを購入できるようになりました。マスクは質の良いものかをサンプルをもらったので、現在使用感を確認しています。

その中国人社長の中国現地の知人に現地調査を回ってもらい、N95同等の結果になっている証明書の確認や中身の生地の確認をリアルに確認した上で選定したマスクだそうです。

中国人同士だと胡散臭いとか日本人と中国人との交渉よりも見抜ける力があるみたいです。
世の中に安定してマスクが回るようになるまでは仕入れ続ける予定です。

従来の相場にはまだ程遠いですが、マスク相場もなんとか下がってきているので、こちらのマスクも知る中では安い方です。引き続き、その中国人社長も安く良いもの提供する為に交渉を引き続き行っていくそうです。心強い😄

今回の写真のマスクは別業者さんから購入したもので社内用とお客様用に購入させて頂きました。これは使用上問題なさそうですが、それなりに高いので今回のみの購入で終えます。

 

◎除菌剤

除菌剤も困っていたところ、朝日町で設計事務所を営んでおられる僕の大好きな経営者の1人である株式会社家印の坂東社長からの紹介で富山市の株式会社石橋さんで作られているクリーンファイター(微酸性次亜塩素酸水)を購入させて頂きました。

通常の次亜塩素酸水よりも独自製法でかなり長持ちする商品です。しかも20Lタンクでの単価はかなり安いです。当社でも販売させて頂く事にしました。cleanfighter.net参照下さい。

地元富山での製造という事もあり、安心できます😄本当に素晴らしい商品です。

 

◎社員

卸売業者さんよりマスクを大量に購入しました。

社員と社員の家族用に100枚ずつ支給。福祉事業所のはたらくよろこびの利用者さんにも家庭用マスクを50枚ずつ支給。社員にはコロナが収束するまで支給し続けます。家庭の分が不足した場合は原価で買い取ってもらいます。給料天引き。

はたらくよろこびは、今日から5/6まで休業にしました。本来出勤だった3日間は休業手当を出します。スタッフ、利用者さん共に平均賃金の100%を支給。必要に応じて延長。

除菌剤については、はたらくよろこびの利用者さんも含めて社員全員は家庭でも必要であれば汲みたい放題。

 

◎お客様

いつもお世話になっている看板製作やイベント業のお客さんが仕事が薄いと聞いて、飛沫防止の仕切りを作って頂きました。お客様入り口にはアルコール又は除菌剤を使って入っていただきます。マスクを忘れた方にはマスクを無償提供させて頂きます。

マスクや除菌剤が欲しいという日頃お世話になっているお客様にも安定して提供できる環境も整えました。

 

◎地域

除菌剤は現在販売しています。マスクも個別に欲しい方と連絡を取り合い販売しています。マスクの転売問題は顧問弁護士にも確認してあるので、問題ありません。原価もオープンに伝えています。

収益は当社の物品費用に当てさせてもらい、収益の一部はマスクや除菌剤を今後、様々な所に寄付していきます。それをご理解して頂く方のみ販売しています。

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会