フィリピン出張

10月28日から10月31日までフィリピンへ行ってきました。
これから本格的に日本のブラウン管テレビが廃棄されていく為、過剰供給を起こさないようにバイヤーとの打合せです。その他多くの商材についてリユース可能か3日間夜中までずっと打合せの日々でした。今後面白い展開になりそうです。

 


一般のお客様にオークションを実施している風景です。たくさんの方が購入されてました。
先日送ったコンテナの商品も順調に売れています。

 


電圧変更後に最終動作チェックを行います。このように修理ができる現地の方が多く、テレビをはじめ、日本で使い終えた多くの電化製品が海外で寿命を延ばして活躍しています。
 
まだまだ中古テレビの需要はあります。
まだまだ荒木商会ではテレビが足りません。どんどん買わせて下さい!!