今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リフューズ(Refuse)~【拒否】する勇気!~』

『リフューズ(Refuse)~【拒否】する勇気!~

 

◎もう一つのRとは?『リフューズ(Refuse)』

これまでは、以下3Rについて説明してきました。

 

『ゴミをできるだけ減らすこと』【リデュース】

『繰り返して使えるモノは、繰り返して使うこと』【リユース】

『繰り返して使えないモノは、資源として再利用すること』【リサイクル】

 

日本では2000年(平成12年)に、循環型社会形成推進基本法において3Rの考え方が導入され、3R【①リデュース ②リユース ③リサイクル】 ④熱回収(サーマルリサイクル) ⑤適正処分の優先順位で、廃棄物処理およびリサイクルが行われるべきであると定まっています。

 

また、3Rに加えてよく紹介される+2R、併せて『5R』とも呼ばれている、

【Refuse】と【Repair】があります。

今回は、【Refuse リフューズ】について説明して参ります。

 

 

◎『Re』が付く言葉の真意

 

『Reduce』も『Reuse』も『Recycle』も、すべて頭に『Re』が付きます。

 

では、この『Re』とはどういう意味なのでしょうか?

 

直訳すると、「相互、反、後、退、秘、去、下、再、否、不」または、「再び、さらに、新たに、…し直す、原状に復す」などの意味があるようです。

 

【再、再び~、・・・仕直す】これらの言葉からも、循環をイメージする言葉に関連がありそうです。

 

 

◎こんなにある『Re』が付く言葉

 

『Re』が付く言葉は、まだまだありますので紹介していきます。

※Wikipediaより引用

 

『Refuse』(リフューズ:拒否)

ごみになるものを拒否する。製造・流通地点で発生源を断つ。

 

『Repair』(リペア:直す)

壊れても直せるものは修理して使う

 

『Remix』(リミックス:再編集)

新たな創造のために既にある資源を再編集する

 

『Refine』(リファイン:分別)

廃棄するときには分別する

 

『Rethink』(リシンク:再考する)

自分に本当に必要なものかどうか考える

 

『Rental』(レンタル:借りる)

個人として所有せずに借りて済ます

 

『Return』(リターン:戻す)

携帯電話など使用後は購入先に戻す

 

『Returnable』(リターナブル:戻す)

Returnにほぼ同じ。用例:リターナブル瓶(飲料水)

 

『Reform』(リフォーム:改良する)

着なくなった服などを作り直す

 

『Reconvert to Energy』(リコンバート・トゥ・エナジー:再返還する)

利用できないゴミは、燃やす時の熱を利用する

 

『Rebuy』(リバイ:買う)

リサイクルされたものやリユース品を積極的に購入または利用する

 

『Regeneration』(リジェネレイション:再生品)

再生品の使用を心がける

 

『Reasonable management』(リーズナブル・マネジメント:適正処分)

正しく、環境にそった処分をする。

 

『Recreate』(リクリエート:楽しむ)または『Refresh with Green-Break』(環境保全型余暇を満喫する)

環境保全型余暇や自然保全型余暇を満喫することは、潜在的な自然体験欲求の充足のみならず自然環境の保全にも役立つ

 

『React』(リアクト:響き合う)

自然を分かち合う機会や場面を増やす事によって環境共育に働きかけることができる

 

『Restore』(レストア:復元する)または『Reforest』(レフォレスト:再植林する)

自然環境の復元や生態系サービスの持続的利用は人類が生きながらえる為の重要な要素である

 

聞いたことが無い言葉もありましたが、いずれにしても少なからず『環境や循環』に関連した言葉ばかりです。一つ一つ意識して考えるきっかけになります。

 

 

◎『リフューズ(Refuse)~【拒否】する勇気!~』

では、『リフューズ』とはどういう事でしょうか?

Wikipediaによると、【ごみになるものを拒否する。製造・流通地点で発生源を断つ。】と書かれています。これだけではわかりづらいので、もう少し考えてみます。

 

・ゴミの原因となる過剰包装などを拒絶、拒否すること。発生を回避すること。

・不必要なものを買わない。同時にもらわない、断ること。

調べてみるとこのようにも出てきます。

 

具体的な例として挙げてみると、

皆さん買い物をするときにエコバッグは持参しますか?

コンビニやスーパーなどで買い物をする時のビニール袋などが有料化されています。これは何も費用がかかるので有料化している訳ではありませんよね。ビニール袋の仕様を減らしてエコバッグ等の繰り返し使える入れ物を活用しましょうというエコ活動です。

 

また、同じくコンビニ等でお弁当などを買うと付いてくる割り箸や調味料なども、もらってしまって無駄になってしまう事もあります。常にマイ箸を持参して、お店の箸を使わない、もらわない人もいます。

 

このように、ゴミになるものを拒否する。発生することを防ぐ。

このような考え方を『Refuse(リフューズ)』という事ができます。

 

使い捨てのものは、ついつい便利ですし、もらってしまいます。

勇気をもって『ゴミになるので断る。』ことも、循環型社会の形成に大切な考え方なのですね。

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~②』

『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~②』

◎リサイクルで得られること

先の『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~①』でも説明しましたが、リサイクルは、

『ゴミを減らして、地球の自然や環境、私たちの生活を守るための、【3R(リデュース・リユース・リサイクル)】の一つです。』

 

リサイクルすることで、ゴミを減らすことができ、資源として再利用することができます。ゴミを減らすことで、最終処分場にて埋め立てられるゴミの量が減ります。

 

繰り返しになりますが、【3R】は非常に密接に関わり合っています。

 

事業ゴミについても同様のことが言えます。なんでも一緒にして廃棄物として処分するのではなく、廃棄物を減らすことを考える。繰り返して使えるモノをなるべく活用する。再利用できるものは再利用する為になるべく分別をする。

 

このような取り組みを行える企業はエコ企業です。一人一人、一社一社の小さな取り組みが、大きな効果に変わります。そしてその取り組みは、企業の廃棄物処理に限らず、確実に様々なコストを削減する効果をもたらします。

 

◎リサイクル製品の紹介

世の中には、『リサイクル製品』がたくさんあります。リサイクル製品とは、『使用した後にもう一度制限として再利用することで、新たに作られた製品』のことを言います。

 

例えば、古紙を利用してつくられた製品では、トイレットペーパーや、ティッシュペーパーなどは、古紙を100%原料として作られたものがほとんどです。コピー用紙や新聞紙も古紙を原料として作られています。

 

古紙を混ぜた製品には、再生紙使用のマークが使用されています。『R100』『R90』『R50』という風に、古紙の配合率を表しています。

 

・牛乳パックには『牛乳パック再利用マーク』

・ペットボトルには『PETボトルリサイクル推奨マーク』

・再生ボトルには『エコロジーボトルマーク』

・環境に優しい製品には『エコマーク』

・パソコンには『PCリサイクルマーク』

覚えきれないほどのリサイクル関連のマークが存在しています。

 

◎リサイクル関連法

日本では、法律により環境を守るための仕組みが定められています。

 

1993年に『環境基本法』が制定され、『環境基本法』をベースにして環境に関する様々な法律が作られました。

 

【環境基本法】

環境保全についての基本理念を定めて、国や地方公共団体、事業者、国民の責務を明らかにするための法律。

環境保全に関する施策の基本となる事項を定めることで、現在及び将来の国民の、健康で文化的な生活を確保し、人類の福祉に貢献することを目的としている。

 

『環境基本法』の前身として、『公害対策基本法(1967年制定)』『自然環境保全法(1972年制定)』があります。

 

具体的な行動祖定めたのが、『第一次環境基本計画(1994年)』が作られ、6年ごとにこの計画の見直しが行われています。

 

現在では、『第五次環境基本計画(2018年4月)』を元に、環境保全のための目標、行動が取り組まれています。

 

2000年には、高度経済成長により拡大した『大量生産・大量消費・大量廃棄』の経済社会を、循環型社会に変えていく為の『循環型社会形成推進基本法』が制定され、リサイクルの取り組みに優先順位が設けられました。

 

 

◎リサイクルの優先順位とは?

①『ゴミをできるだけ減らすこと』【リデュース】を最優先に、

②『繰り返して使えるモノは、繰り返して使うこと』【リユース】

③『繰り返して使えないモノは、資源として再利用すること』【リサイクル】

 

この【3R】を基本的な考え方として、リサイクル関連法はさらに整備されていきます。

 

様々なリサイクル関連法はまた別の機会にご説明します。

 

荒木商会では、このような基本的な考え方はもとより、法令を遵守し、地球環境の保全、適切な廃棄物の処理、コスト削減など、幅広く取り組んでいます。分からないことは何でもご相談ください。

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~①』

『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~①

 

これまで、

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~

『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~

を、お届けして参りました。

 

今回は、『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~について、説明していきます。

 

 

【リサイクル】という言葉の定義は諸説あります。※Wikipediaより引用。

 

・「日常生活で不要な製品や、産業活動に伴い副次的に得られた物品を、資源として再利用、あるいは回収・再生して有効利用すること」

・「1度使った資源(廃棄物)を回収して再利用すること」

・「不要物(ゴミ、廃棄物)を再利用可能な素材へと変える行動や過程」

・資源の節約や環境汚染防止などのために、不用品や廃棄物などを再利用すること」

 

簡単に言い換えると、『資源として再利用する』ことと言えそうです。

私たちの身近な再利用について見ていきましょう。

 

 

◎ゴミがもたらす世の中への影響

よく耳にする『地球温暖化』とはどういう事でしょうか?

 

ゴミを燃やすことによって、二酸化炭素が排出されます。この二酸化炭素が地球の温暖化にとって大きな影響を与えます。二酸化炭素は地上から出た熱を温室のように閉じ込める要素があり、地球温暖化を招く原因とされています。

 

この『地球温暖化』により、自然や環境が大きな影響を受けます。

 

・これまでにない猛暑や水害をもたらす地球の異常気象を起こします。

・温暖化する事で南極や北極の氷が解けだし、海水面が上昇します。

・海水面が上昇すると、地形にも影響を与えます。

 

このように、ゴミの燃焼によって地球温暖化が進み、自然や環境に大きな影響を与えます。

 

一方、燃やさないゴミはどうでしょう?

 

燃やすゴミとは異なり、燃やさないゴミは処分場に埋め立てるしか手段がありません。その処分場がいっぱいになると、また新たな処分場を作る必要が生まれます。この処分場を新たに作ることにより、同様に自然や環境は影響を受けます。

 

・山間部や海などの自然が減少します。

・それに伴い、生息している動物や植物に影響を与えます。

・生物多様性が損なわれることで、生態系に変化が生じます。

 

これらのことからも、

『ごみを減らす(リデュース)』

『捨てずに再利用する(リユース)』

が必要なのです。

 

そして今回解説する

『資源としての再利用(リサイクル)』

が同じように重要となってくるのです。

 

 

◎ゴミが資源に変わる瞬間

ゴミを燃焼するときには、大量の熱が出ます。この熱をエネルギーとして発電力に利用することができます。よくゴミ焼却場のそばにある温水プールや健康施設があるのは、その典型的な例です。

 

また、生ごみや家畜の糞尿、紙ごみなどは、発酵させることによりメタンガスを発生します。このガスはバイオガスと呼ばれ同じく発電力として利用することができます。

 

このように、ゴミを資源として再利用を行うことが、リサイクルという事になります。

 

 

◎分別マークの違い

出典:経済産業省ウェブサイト

 

最近、テレビのクイズ番組などで出題されているのをよく見かけます。問題にされると途端に怪しくなります。リサイクルのマークって非常に似ていますが、微妙に異なります。参考までに、経済産業省のサイトより転載しますので、是非これを機に確認してみてください。

 

普段はあまり気にしていませんでしたが、家庭での日用品や、食料品など、ペットボトルや缶、包装している袋などには色々なマークがついています。このマークはリサイクルの方法が書かれており、正しく分別することができます。

 

これらの資源ゴミは、リサイクルして利用されることで、貴重な資源となります。正しくゴミを分別して出すことで、誰でもできるエコ活動になります。

 

次回『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~②』へ続く

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~②』

『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~②』

 

明日よりG20大阪サミットの開催を控え、厳戒態勢の日本ですが、近年の取り上げられる議題として環境問題は不可欠となってきました。

廃プラの受入れ禁止をドンドン決定していく国がある中で、私たちは他人事と思わずにできることを取り組んでいかなければなりません。

 

◎『リユース』のポイント

 

では、『リユース』の重要ポイントは何でしょうか?

 

『リユース』は『再使用』です。

 

同じものを繰り返し使うだけなので、エネルギーや資源を再生のために使うことはあまりありません。同時にゴミになるものを減らすこともできます。

 

そういう意味では、『リユース』は環境に及ぼす影響が非常に少ない、重要な取り組みであると言えます。

 

では、『リユース』の実際の取り組みにはどんなものがあるでしょうか?

 

・着なくなった服や衣類を兄弟や親せき、友達に譲って使ってもらう。

・牛乳びんやビールびんなど再利用できる製品を購入し、飲み終えたら回収に出す。

・要らなくなったモノ、使わなくなったモノを、フリーマーケットや、ネットオークションに出して中古品として買い取ってもらう。

・車の部品などもリユース品が多くあります。新品ばかりではなく、リユース部品と交換して使う。

 

など、これ以外にもたくさんありますが、日々の一人一人の行動で変わっていくものばかりです。私たち一人一人が心がけることが、意識することが大切です。

 

 

◎『リユース』により得られるモノ

 

世の中にはもったいないことがたくさんあります。まだ使えるモノを、要らなくなったからと平気で捨ててしまう現状もあるでしょう。

 

では、『リユース』することで得られるモノはどんなことでしょうか?

 

・再生可能な製品を再利用することで、その製品を新たに作る為に必要なエネルギーや資源を使わなくて済むようになります。資源の節約です。

 

・新品を一度使ってゴミとして捨ててしまうよりも、一つの製品を長く繰り返し使う事で、ごみを減らすことができます。

 

・新たなビンを作るためには多くの資源や施設などの設備を作らなければいけません。それらに係るコストを抑えることができます。

 

・新品を購入するのではなく、リユース品を買ったり、知り合いからもらったりすれば、出費を抑えることができます。

 

・家庭や事業から出されたゴミは、税金によって自治体が収集し処理しています。リユースによりゴミを減らせば、これらの処分費を減らすことができます。

 

 

◎現在取り組まれている『リユース』

 

世の中ではすでに、多くの『リユース』の取り組みがなされていますので紹介します。

 

【リサイクルショップ】

世の中のリサイクルショップと呼ばれているお店、実際は『リユースショップ』のことです。

古着屋、中古家電店、古本屋、中古スポーツ用品店、趣味のお店、質屋などもそうです。

 

【イベントなどでのリユース食器】

イベント会場には多くの人が集まります。食べ物や飲み物を買おうとすると、使い捨ての容器(紙やプラスチックの皿やコップ)に入っていることが多いです。これらをリユース食器に変えて洗って使う事で繰り返し使うことができます。勿論洗う人件費やコストがかかってしまうことは否めませんが。

 

【買わずにレンタルする】

数えるほどしか使わなかったり、使う期間が短かったりする場合は、わざわざ購入しなくてもレンタルすることができます。購入費用を抑えることも可能です。

 

【シェアするという考え方】

最近では、自転車や自動車をシェアするサービスも増えています。シェアハウスもあります。購入費を抑えるだけでなく、駐車場代や、家電製品も供用することで様々な費用を削減できます。

 

【制服のリユース】

学校の取り組みとして、制服のリユースを行っている自治体もあります。特に成長期の学生は制服が小さくなってしまうこともあります。常に新しい制服うぃお購入するのは家計にとっても大きな負担です。リユースすることで、お互いが便利に、エコに利用することができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

私たち事業者の中でも、『リユース』は重要です。

 

新しい設備を導入するにしても、多くのコストがかかります。もちろん最近の設備には省エネ製品、エコ商品がたくさん登場してきていますので、新品を導入した方が全体的なコストダウンやエコ活動につながる場合もあります。

 

しかし、周りを見渡すと、まだまだ再利用できるものがたくさんあります。

 

 

『あなたが、今捨てようとしているものは本当にゴミですか?』

『修理すれば活かせる商品ではないですか?』

 

この2点を皆様に問いかけながら、『活かせる資源は最大限に活用していこう』をモットーに、グローバルネットワークを通じて循環型社会の構築に一躍を担っていきたいと思います。

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~①』

『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~①』

 

◎『リユース (Reuse)』とは?

 

前回は2週にわたって『ゴミのリデュース』について説明しました。

第1話 『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~』

 

今回は、同じく2週にわたって、『リユース(Reuse)』について考えてみたいと思います。

 

『リユース(Reuse)』とは、再使用(さいしよう)のことです。

 

Wikipediaによると、一度使用された製品を、そのまま、もしくは製品のあるモジュール(部品)をそのまま再利用することをいう『環境用語』です。

 

従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるいは廃品回収など、小規模のレベルでは行われてきたが、本格的な循環型社会の形成のためには社会構造的にリユースの流れを構築することが望まれているという事です。

 

 

◎そもそも製品の原材料って何でしょう?

 

例えば、次のものは何からできていますか?

・レジ袋

・スチール缶

・アルミ缶

・ペットボトル

・トイレットペーパー

・ノート

 

普段日常から使っているものですが、いざ考えてみると知らないことも多いです。

また深刻な環境問題から、今後は有料化の義務付けや、輸出制限がかかるようになってきます。

 

ちなみに正解は以下の通りです。

・レジ袋⇒石油

・スチール缶⇒鉄鉱石

・アルミ缶⇒ボーキサイド

・ペットボトル⇒石油

・トイレットペーパー⇒樹木(木材)

・ノート⇒樹木(木材)

※古紙パルプのものもあり

 

いかがですか?全部わかりましたか?

 

 

◎非再生資源と再生可能資源の特徴

日本には資源が少なく、多くの資源を輸入に頼っている現実があります。

また資源には『非再生資源』と、『再生可能資源』があります。

 

『非再生資源』とは、

枯渇性資源とも言い、再生できないので使い続けると枯渇してなくなってしまう資源です。

・化石燃料(石油・石炭)

・金属資源(鉄鉱石・銅鉱石)

などをいいます。

 

ただし、金属資源においては、元の金属材料に戻すことができるリサイクル可能な資源です。

 

『再生可能資源』とは、

一部を使用しても、一定の時間がたてば自然の力で再生可能な資源です。

・森林(木材)

・バイオマス(小麦・米などの穀物、魚などの水産資源)

などをいいます。

 

石油はこのまま現在と同じように生産を続けると、50年ほどでなくなってしまうと言われています。

可採年数(資源を採取できる年数)が比較的長い石炭にしても、153年です。

 

使用量を減らしたり、他の資源でまかなったり、対策を講じていく必要があります。

 

 

◎『循環型社会』が目指すモノ

 

資源やごみの問題を解決する為に私たちが目指している『循環型社会』をもう一度見てみます。

 

前節でふれた石油や金属など、非再生資源は利用できる量に限りがあります。その為、今後ますます大切に使用していく必要があります。

 

その為にできることが、『リデュース』『リユース』『リサイクル』の【3R】です。

 

『リデュース(Reduce) 』~ゴミを出さない・減らすこと~

『リユース(Reuse)』~そのまま使えるモノは、くりかえし使用すること~

『リサイクル(Recycle)』~そのまま使えないモノは、資源再生すること~

 

これら【3R】の取り組みにより、循環型社会が実現すれば、今ある資源の可採年数はもっと伸ばすことができます。

 

新しい資源をどんどん使うのではなく、今あるモノ(資源)の中から、繰り返して使う仕組みを構築する必要があります。

 

次回『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~②』へ続く

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~②』

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~①』

◎ゴミはどこへ運ばれ、どこで処理されるのか?

 

【燃やすゴミ】

清掃業者が回収して、『清掃工場』にてゴミを焼却します。この時に出る焼却灰は『最終処分場』にて埋め立てられます。

 

【燃やさないゴミ】

回収された不燃ごみは、『不燃ゴミ処理施設』にて細かく粉砕されます。この時にゴミに混ざっている鉄やアルミニウムなどは『資源』として回収されます。細かく砕かれたごみは、『最終処分場』にて埋め立てられ、再生資源は『再生業者』にて『リサイクル』されます。

 

【粗大ゴミ】

粗大ゴミは、『粗大ゴミ処理施設』にて、燃やすゴミと燃やさないゴミに分けられます。燃やすゴミは細かく砕いて、清掃工場にて燃やします。燃やさないゴミは、上記と同様に『資源』『ゴミ』に分別されます。

 

【資源ゴミ】

資源ゴミは、『中間処理施設』にて『リサイクル』できるモノを選別します。ペットボトルや紙類はプレス機で押し固めて一定のサイズに圧縮され、『リサイクル工場』へと運ばれ、『リサイクル』されます。

 

 

◎具体的に取り組む『リデュース』とは?

 

リデュースを行うメリットは次の通りです。

 

①ゴミを減らすことで、処分場で焼却する燃料の資源や燃料費も削減できる。

②燃焼するゴミが減ることで、排出される二酸化炭素などの有害物質を削減できる。

③最終処分場での埋め立て量が減るので、長く最終処分場を利用することができる。

④ゴミが減り、リユース、リサイクルの量も減ることで、限りある資源を守ることができる。

 

 

では、具体的にどのような取り組みを行えば良いのか考えてみます。

 

一般的に家庭での取り組み例は次のようなことです。

・水気が多くて重たい生ごみの量を減らす。

・不要な物は購入しない。必要なものを必要な分だけ購入する。

・ムダな包装は避ける。

・使い捨てをせずに何度も使えるものを選んで利用する。

・エコバッグを活用してレジ袋を利用しない。※有料化が進んでいます。

・残さず食べることで食品ロスをなくす。

 

 

◎私たち一人一人ができることは?

 

環境を考えて買い物や生活をする消費者のことを、『グリーンコンシューマー』と呼んでいます。この『グリーンコンシューマー』が増えると、確実に環境負荷が軽減されます。

 

また、

『長く使えるものを選び大切に使用する』

『いらないものは買わない、もらわない(Refuse)』

『壊れても修理して長く使用する(Repair)』

といった活動もあります。

 

今後、改めて解説していきます。

 

 

今回は、一般家庭における『ゴミのリデュース』をメインに考えてみましたが、これは企業や工場、産業界でも同じことが言えます。

 

一般廃棄物は『リデュース』できるのに、産業廃棄物が『リデュース』できないという事はありません。正しい処理・処分をしていけば、『3R』を進めていけば、確実に企業のコスト削減に繋がります。

 

世界中が少しづつでも、自分から気を配り、取り組んでいく事で地球の環境負荷、廃棄物の発生は抑制されていきます。

 

『私は今日から、トイレで小の時は、小のレバーを使おうと思います。』

 

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~①』

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~①』

 

◎『リデュース (Reduce)』とは?

 

「環境用語としての『リデュース (Reduce)』 とは、環境負荷や廃棄物の発生を抑制するために無駄・非効率的・必要以上な消費・生産を抑制あるいは行わないことを指す。

 

概念の一例としては、水洗トイレのレバーにある「大・小」の区分がある。この区分がなければ毎度大レベルで資源消費することになるが、区分があれば小の場合は水資源を少量しか消費しなくて済むこととなる。

 

また、物の寿命を極力延ばすことや、製品全部ではなく部分的に交換するだけで継続使用できるように作ることもリデュースの一つであるとすることができる。」※以上Wikipediaより引用

 

分かりやすく言うと、『ゴミを出さない・減らす』ことです。

 

・ゴミをできるだけ出さない。

・ゴミをできるだけ減らす。

 

世界中の人がこの2点に気を配って生活をすれば、資源も環境も守られます。

 

しかし、そう簡単にはいきません。現在の世の中は、【大量生産⇒大量消費⇒大量リサイクル】となり、モノがあふれている時代となっています。

 

・多くの企業が売上を出すために様々な商品を開発し、作り、競争して売ります。

・多くの消費者が、沢山の商品の中から、選び、購入して、消費します。

・そして、要らなくなったモノは不用品として処分されます。

 

『ゴミを出さない・減らす』と言っても、生活している上でゴミは必ず出てきます。

 

 

◎3Rとは、『リデュース・リユース・リサイクル』

リデュースは、リサイクル・リユースと一つのくくりにされ、『3R』といわれます。

 

それは、この現代の『大量生産⇒大量消費⇒大量リサイクル』の世の中では、環境負荷の抑制には結びつかないからです

 

『リデュース』『リサイクル』『リユース』この3つのRは、密接につながっています。

 

どれか一つだけでは、この現代において機能しないからです。

 

じゃあ『大量生産をやめればいい』と安易に考えてしまうと、生産者側から考えた場合、リデュースを促進することは消費の減少に繋がり、経済や産業の衰退の原因になるという考え方もあります。

 

一方では、リデュース技術の発展によるコスト削減などのメリットを産業側も享受できるので、衰退の原因にはならないという考え方もあります。

 

リデュースだけでは成り立たず、リサイクル、リユースと連携して考えていかなければいけません。

 

 

◎ゴミの流れを今一度理解してみましょう。

私たちが生活している世の中では、どのようにゴミが出るのでしょう?

 

①まず、何かを生産するには『資源』が必要です。『資源』には石炭や石油のような『非再生資源』と、木材や食料のような『再生資源』があります。

 

②この『資源』によって工場やお店などで製品・商品が『生産』されます。

 

『生産』された製品・商品は、販売業者やお店で『販売』されます。

 

④この製品・商品を『購入・消費』するのが、私たち消費者であり、ここから製品・商品が『ゴミ』へと変わります。いわゆる『ゴミの出発点』です。

 

⑤不要になったモノが『不用品・ゴミ』として捨てられます。

 

『不用品・ゴミ』は分別されて、清掃工場や、不燃ゴミ処理施設、粗大ゴミ処理施設、中間処理施設、リサイクル工場などで処分されます。

 

この時にゴミを燃やすことにより、二酸化炭素などが排出され、『温暖化』などの地球環境にマイナスの影響を与えることがあります。

 

この地球環境にマイナスにはたらくことが、『環境負荷』ということであり、この『環境負荷』を軽減させるために、無駄・非効率的・必要以上の消費や生産を抑制したり行わなかったりすることが、『リデュース』ということになります。

 

 

次回『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~②』へ続く

リサイクル業界のはてな?を『あらきのぶゆき』がぶっちゃける!最終話【全4回】

第4話 『今すぐ!やらなきゃまずい今後の対応!!【荒木商会ができること】』

これまで、日本が抱えるごみ問題や、プラごみの輸出停止、人件費・処理費用の高騰とその原因、コストを抑えるごみ処理の仕方と現状などをお伝えしてきました。

 

詳しくはこちらから

第1話~ 【他人事じゃない事実!】世界中を取り巻くリサイクル業界の実態

第2話~ 【まさかの2倍!?】ビックリするほど跳ね上がった廃棄物の料金。

第3話~ 知らなきゃ損する【正しいごみ処理の方法!】解決するにはこれしかない。

 

最終話である今回は、『荒木商会がおススメする総合リサイクル』についてお話しします。

 

『捨てればゴミ、分ければ資源』

 

分別していない埋立てに直行する『混合廃棄物』は、今後ますます値上がりする可能性があります。

 

いかにゴミのコストを抑えるか?が今後重要なポイントです。

 

『捨てればゴミ、分ければ資源』聞いた時ありますか?

 

これをやるか否かで処分費用の抑制の仕方が天と地の差と言って良いくらい広がるかもしれません。

 

しかし、分けるのは手間!そういう考えも十分理解できます。

 

例えば1種類から分けていく。

 

そこから始めるだけでも、その効果は実感できると思います。

 

 

1㎥バルクコンテナが変えるリサイクルの改革

 

世の中では2㎥ダストボックスという鉄でできた箱が主流となり、世の中に出回っています。ごみが入る適度な大きさです。

 

実は、この鉄箱を業者が作るにも1箱あたり6~8万円の費用がかかります。

 

その為に、今回の値上がりがきっかけで我々のような処理業者は3か月で一回の交換をお願いしています。コンテナの費用を減価償却していかねばならないからです。

 

以前までは期限ナシや半年に1回交換依頼で済みました。しかし、今回の埋立て処分の値上げで、以前よりもゴミにおける採算性が取れなくなった為、我々は適正な費用を回収しないと維持できなくなったのが現状です。

 

そこで、現在1㎥のバルクコンテナが活躍を始めたのです。

 

 

バルクコンテナを導入するメリット

 

『2㎥の大きさだと交換するのに半年以上かかる』

『分別したいけどスペースがない』

『最初から分けて箱が設置してあると分別しやすい』

 

こういったお客様に今回、バルクコンテナという1㎥のボックスを提供することにしました。

 

バルクコンテナは、もともと液体などを入れてあるプラ容器の上面を取外し、ボックスのような容器として使用できるようにしてあります。

 

バルクコンテナは、お客様の方で捨てるのに困っているものの一つです。これを再利用することで、ゴミを入れる容器としてお客様に活用してもらうことになりました。

 

2㎥ダストボックスのように製作コストが発生していない為、『容器の設置期間』は無期限!です。

 

実はこれ凄く反響が良く、既に何十カ所も設置しております。

 

『これまでよりもコンパクトに』

『最初から分別しやすく』

『設置期限は無制限に』

『コストが下がる』

 

様々なメリットがバルクコンテナには詰まっています。

 

在庫が少なくなってきており、今後いつ入荷するか分からない為、早めにお問合せ下さい。

 

 

荒木商会の【総合リサイクルコンサルティング】

 

このような形で、荒木商会は総合リサイクルのコンサルティングも行っています。

 

・分別の方法が分からず、混合により高いコストを払っている

・現在の業者にほぼ任せているからよく分からない

・費用が高くなるばかりでコスト削減の提案なんてしてもらったことがない

 

こういった企業様に対して、改善提案のサポートをしております。

 

『お客様の廃棄物処理コストを削減することが、荒木商会のコスト削減にもつながります。分別することで環境活動にも繋がります。みんながエコになるそんなリサイクルを目指しています。』

 

これまで当社が拘り続けてきた分別のノウハウは、同業他社ではできない提案です。

 

荒木商会だからこそできる、これからの新しい【総合リサイクル】を行えることが当社の最大の強みです。

 

お客様の困ったを解決していきます!まずは何でも相談してみてください!!

 

有限会社荒木商会  荒木 信幸

リサイクル業界のはてな?を『あらきのぶゆき』がぶっちゃける!第3話【全4回】

第3話 『知らなきゃ損する【正しいごみ処理の方法!】解決するにはこれしかない。』

前回の第2話では、プラごみの輸出停止や、人件費・処理費用の高騰による【廃棄物処理料が2倍】にもなっているという話をしました。

 

忘れてしまったという方はこちらから

第1話 【他人事じゃない事実!】世界中を取り巻くリサイクル業界の実態

第2話【まさかの2倍!?】ビックリするほど跳ね上がった廃棄物の料金。

 

 

高騰の原因は【混合廃棄物】によるもの

今回は、処理費用の高騰にどのように対処していく必要があるかを詳細に説明していきます。

 

現在、産業廃棄物の処理に使われているのは、2㎥ダストボックスという鉄でできた箱が主流です。工場や工事現場、企業などに、ダストボックスをレンタルして設置し、ごみを詰め込んで回収します。

 

ちなみに荒木商会のダストボックスは、分厚いアルミにメッキ加工してあるので長持ちします。

 

このダストボックスへの廃棄物をきちんと分別することが、混合廃棄物を減らし、処理費用を削減する一番の近道です。

 

実はこの、ダストボックスに一緒くたにされた(混載された)廃棄物によって、非常に『もったいない』思いをしている事業者さんがなんと多いことでしょう。

 

『もったいない』理由は次の通りです。

 

①かさの大きいモノばかりを入れるとすぐにいっぱいになってしまいます。
⇒整理して、分別して入れることでもっと効率よくボックスを一杯にすることができます。

 

②ダストボックスの中身には『有価物』がいっぱい混ざっている可能性も。
⇒一緒くたにしてしまえば、リサイクル業者の思うつぼ。分けるとそれは有価物(売れるモノ)です。

 

③重たいモノから軽いモノまで一緒のシステムをまだ使っているなんて。
⇒荒木商会の新しい回収システムは、まだまだムダを省いてコスト削減につなげます。
※シリーズ第4話で詳しく説明します。

 

このように、もったいない回収方法を現在もまだ行っている事業者さんは、是非すぐに改善をおススメします。

今後ますます廃棄物処理費が上がっていく可能性があります。

 

 

廃棄物の混載を無くす、具体的な分別の方法

  • 建設系または解体工事などから出る木くずは、その他の廃棄物( 紙くず、廃プラ、繊維くず、金属くず、がれき類、ガラス・コンクリート・陶磁器くず等 )とは、分別しましょう。
  • 建物解体工事や内装解体工事、店舗解体工事、原状回復工事等で発生する石膏ボードは、現在回収をストップしています。石膏ボードや塩ビ素材の廃棄物は分別しましょう。
  • 金属くずは金属くず、ダンボールはダンボールで分別しましょう。

 

※持ち込みの場合も同じ事ですが、リサイクル業者の分別の手間が省かれれば、その分処理料金を安くすることができます。単品で依頼または持込が不可能な場合でも、品目ごとに分けて、リサイクル業者が単品目で数量の測定が出来る用に積み込みしてあれば、全体的に処理単価を抑えることもできます。

 

そうは言っても、実際に仕事の中で一個一個気にしながら分別するのは、作業効率は落ちますし、正直面倒臭いことでもあります。そこで荒木商会では、現在のダストボックスから新たなボックスを活用しています。

 

 

リサイクルは世の中ではなくてはならない存在となっています。廃棄物の中から再利用できるものを再利用します。しかし、本来は廃棄物自体を減少させなければいけません。『大量生産・大量消費・大量廃棄社会』から『循環型社会』の実現が必要です。

 

現状の2㎥ダストボックスの無駄を省く、新しい【1立米バルクコンテナ】でキロ単位処分へ、これが荒木商会が始めている新しい廃棄物処理の方法です。

 

第4話『今後どうなっていくのか?やらなきゃまずい今後の対応と【荒木商会ができること】』
へ続く≫≫≫

リサイクル業界のはてな?を『あらきのぶゆき』がぶっちゃける!第2話【全4回】

第2話【まさかの2倍!?】ビックリするほど跳ね上がった廃棄物の料金。

 

 

『プラごみ輸出停止へ』

5月10日の読売新聞一面にタイムリーなニュースが掲載されていたので一部引用して紹介します。

 

『プラごみ輸出停止へ』のタイトルで、政府はプラスチックごみの海外への輸出を実質的に停止する方針を決めた。という事です。

 

 

先の第一話にも関連記事を書きましたが、これまで日本は、雑品スクラップや廃プラスチックの大部分を海外で処理してきました。その主な輸出先が中国でした。中国の輸出禁止を受け、現在マレーシア、タイ、台湾、ベトナムなどのアジアへ輸出されています。その量は年間100万トンにもなります。

 

 

5月10日金曜日にスイスで開かれている『バーゼル条約』の締約国会議において、日本などが提案した廃プラの輸出入を規制する提案が会場一致で採択されました。

※『バーゼル条約』とは、一定の廃棄物の国境を超える移動時(輸出入)の規制について国際的な枠組みおよび手続きを規定した条約の事です。

 

 

話は逸れますが、自動販売機の横に代替ゴミ箱が置いてあります。缶とペットに分かれています。これって何のためかご存知でしょうか?環境問題対策のわかりやすい例だと考えます。『自動であれ販売した側の責任』、『飲み物を購入した人の責任』、『飲み物を飲んだ人の責任』で出たごみを処理する必要があります。

 

 

別の言い方にすると、プラスチックの容器の場合は次のように言えます。『容器を作った人』、『その容器を使った製品を販売した人』、『その容器を使った商品を購入した人(消費した人)』、それぞれに責任感を持ちましょうという事になると考えます。『作りすぎない、売りすぎない、買いすぎない』という事もエコに繋がります。

 

 

結論として、日本は【来年夏頃の発効】により、これまで一部海外に輸出していた年間100万トンの廃プラを国内で処理しなければいけなくなります。

 

 

【跳ね上がった廃棄物の処理料金はこれまでの2倍!?】

日本は、現在少子高齢化による労働人口の減少により、これまでにない人材不足に陥っています。また、政府が掲げる働き方改革により、賃金アップと共に、労働条件の改善も求められています。一方で燃料費、電気料、機材・資材等の諸費用の値上がりが起こっています。人件費、原材料費の高騰はダイレクトに経営を圧迫します。

 

 

そして、現実に今起こっているのは、最終処分場の搬入受け入れ制限と埋め立て処分価格の大幅な値上げです。それに伴って、中間処分場の受け入れ制限と処分価格の値上げです。多くのリサイクル業者では行き場のない廃棄物の山が倉庫を埋め尽くしています。廃棄物を取り巻く環境は日本国内でも全体で厳しくなっているのが現状です。

 

 

そして現在、【跳ね上がった廃棄物の処理料金はこれまでの2倍】に到達しているケースもあります。

 

 

荒木商会でもこの問題は非常に大きく、高騰した処理費用に対して業務効率化・合理化等の自社や協力業者との努力を図るもコスト増の吸収が困難で、適性処分を維持する為に、やむなくお客様には価格改定をお願いしているところであります。そしてこの廃棄物の処理費用は今後ますます高騰していく可能性もあります。

 

では、今後はどのようにしていく必要があるのでしょうか?

高い処理費用をできるだけ安く処理する為にはどうしたらいいのでしょう?

 

処理費用の高騰には原因があります。

 

その最たる原因は【混合されている廃棄物】にあります。

 

 

次回以降、『あらきのぶゆき』がぶっちゃけたいことの本質に迫ります!

 

第3話 『知らなきゃ損する【正しいごみ処理の方法!】解決するにはこれしかない。』

に続く≫≫≫